カテゴリ:オリーブの品種・特徴( 18 )

ちょっとした幸せ♪

さてさて、今後オリーブの実をどうするか・・・と木を眺めていた。
すると~・・・
あれあれ~、!!
今年は実がついてないと思ってたアスコラーナテレナに実が1粒ついていた~@0@
f0188237_2152153.jpg

全く気がつかなかった^^;
ここまでよくぞ大きく育ってくれた!感動したよ!
ちょっとした幸せを感じた私です^0^

そしてそして・・・
まずラキーノとホワイトの実を収穫して新漬にすることにしました。f0188237_21524865.jpg
この2品種は、実がついてからちょっと成長がイマイチな感じ。
新芽の出が悪いんです。
←こちらはラキーノ。
鉢植えで大きさ180cmくらい。
実はルッカのように楕円のような実です。
全部で360g収穫。



←こちらがホワイト。
まだまだ小さな苗。50cm
収穫31g。10粒ほど^^;
ちょっとお疲れが見えるので実を取って選定してリフレッシュをしてもらいまよう。

今年初めて実をつけた品種なので新漬けのお味が楽しみです。
他の品種ももう少し様子を見ながら漬けていこうと思っています。
レポは後程(@^^)/~~~
[PR]
by savi_savi | 2011-10-19 22:02 | オリーブの品種・特徴

品種ごとの新付け

品種ごとにオリーブの実を新漬けしてみました。
今年はどれも実が少なくって「1粒」なんてのあったし、実はついたけれど途中で全部落ちちゃって収穫なしの品種もありでした。
f0188237_21361428.jpg

実の重さは・・・(一番大きな実で測定)
パラゴン2.5g・チプレッシーノ1.4g・ルッカ3.0g・フラントイオ1.8g・フェスタ2.6g・ラキーノ0.7g・エルグレコ1.1g・ピッチョリーネ1.1g

苛性ソーダの濃度は品種によって違うんだけど、とりあえず2%で全部漬けてみることからスタート!

12時間語、渋の出た茶色い水を捨て、新しい水を入れる

約2日間、水替えを数回やって渋を抜く

水がきれいになったら2%塩水に漬ける

24時間後4%塩水に漬ける さらに好きな濃度にしてビン詰めする
・・・ちょっと簡単な説明ですがこんな感じで漬けます。
私は、水替えのときは空気に触れないようにとか気にしないで、ドバ~っとざるに移してやっちゃいます。
以外と実の色は悪くならないし家庭で漬ける量ならこれでも大丈夫かと思います。

そして・・・漬け上がりました↓↓↓
f0188237_215299.jpg

パラゴン---実が固めでコリコリ
チプレッシーノ---種から実離れがよかった
ルッカ---実は大きいが種も大きいので実が薄い・・・実離れ悪い
フラントイオ---実が固め
フェスタ---実が柔らかい 実離れが良い
ラキーノ---実離れが良い
エルグレコ---実が硬い 
ピッチョリーネ---実離れが良い
・・・こんな表現しかできなくてスミマセン>0<
全体的に味はオリーブの新漬けそのものだけど、一般に流通してる新漬けのマンザニロやミッションは肉厚。それにに比べ果肉は少なめ(肉薄)かな~ともと思いました。
ルッカやフラントイオは本来オイル用の実なので、油の甘みを感じました。
小さな実のエルグレコやピッチョリーネはちょっと食べ応えはないかも・・・^^;
(今回は少ない実の中での実験だったし、年数のたったしっかりした木からの実を使うとまた違うと思います)

そうそう、前回のパワジオさんのお庭のオリーブ、もう1品種載せるの忘れてました~!
f0188237_2218925.jpg

カヨンヌです。
オリーブの中ではいち早く色付くと言われてる実。
このカヨンヌだけ真っ黒の実だらけでした!
[PR]
by savi_savi | 2010-10-25 22:30 | オリーブの品種・特徴

パワジオ倶楽部へ!その2

今年は不作といわれてるのがうそのようにパワジオさんのお庭はたくさんの実が枝にぶら下がっていました。
パワジオさんのオリーブはほとんど鉢植えです。
地植えはその場所場所の土の性質があったり、堆肥をあげたり私たちが環境を作ってあげないといけませんが、鉢植えは土の配合や日当たりや水遣り・・・こちらが工夫をしてあげれば最良の状態を保てるはず。
パワジオさんの鉢植えの結果は、そのお世話の結果なんだな~って実感。
うちの鉢植えも地植え同様、今年は本当に実が少なかった・・・
それはお世話のせいもあるのかもって、改めて「のどが渇いたよ~」「おなかがすいたよ~」などのオリーブの声をもう少し聞けるようにならなければ・・・と反省。
 
f0188237_10354581.jpg

↑たわわになる実!ホントうっとり・・・
カエルさんも発見。我が家にもカエルがあちこちいて、朝はお腹がパンパンに膨らんでいます。
害虫食べていい仕事たくさんしてくだされ!

f0188237_93141100.jpg

↑上写真 ネバディロブランコの実
 下写真 マンザニロの実
f0188237_1022254.jpg

↑上左 J5の実 中粒卵型                  上右 サラサの実  大きめ中粒丸型
 下右 アーベキーナの実 小粒             下右 レッチーノの実  中粒卵型

f0188237_102345.jpg

↑上 ホジブランコの実 大粒
 下 ドルチェの実 大粒
写真だけでは大きさがわからないかと思って、手を添えてみました。
わかりますか???
ドルチェの木は非売品。たぶん日本で唯一パワジオさんにしかないんじゃないかという噂!
大粒の実は、味はムムム・・・ってものあるようですが(以前デパ地下で買った大粒のオリーブの実の漬物はモソモソしていまいちだった・・・日本でにはない品種だったけど・・・)、このドルチェはおいしいそうですよ~^0^
やっぱり名前もそこから来てるのかしら?!
大きい実って、なんだか興奮します^^;
f0188237_1024276.jpg

実生苗の木がパワジオさんには数本あります。
実生苗とは・・・
「タネを蒔いて得られた苗。株分け・挿し木・接ぎ木などの栄養繁殖と違い、遺伝子が親とは違うため、花色や容姿などは、実際に花が咲き、実がならないと分からない。実生は概ね、形質が先祖帰りして原種に近くなって実は小さくなる」
(オリーブは品種を保つために本来挿し木で増やします。)

オリーブとは思えない小さな葉っぱ!
長さは1センチくらいかな???
知らない人が見たら、オリーブの木だとは思わないだろうな~^^;
そして違う実生苗の木に実を発見!(こちらは葉っぱがも少し大きかったです)
実生苗の実を見たのは初めて~!

またまたいろんなことを勉強できた1日でした!
[PR]
by savi_savi | 2010-10-21 10:39 | オリーブの品種・特徴

海外のオリーブサイトみっけ!

海外のオリーブサイトで、たくさんの品種名がかいてあるサイトをみつけました。
写真があればもっといいのだけれど、参考にしてもらえれば・・・
http://www.oliveoilsource.com/varietalsfreame.htm

そしてもう一つのサイト。
http://www.bigplantnursery.co.uk/olives.html
オリーブの木の販売のページなんだけれど半端じゃない!
現在£(ポンド)=約150円
写真を見ていくと、まず大きさで値段が表示され、その次は木の年数で値段が付いている。
痩せ地で育ったのか(鉢植え育ちなわけはないと思うけれど)年数に比べて少し遅い(幹が細い)ような気はするけれど。
10~15年もの・・・£99(14850円)
30~35年もの・・・£345(51750円)
35~40年もの・・・£425(63750円)
100年もの・・・£695(104250円)
150年もの・・・£975(146250円)

150年もののオリーブが15万あれば買えるんですよ(@0@)
凄くないですか?!
2枚だけ写真お借りしちゃった。
通販できるものならほしい~☆
f0188237_1562293.jpg














  樹齢100年              樹齢150年
[PR]
by savi_savi | 2009-11-06 02:01 | オリーブの品種・特徴

紫にオリーブが色付いて・・・

f0188237_21591087.jpg

オリーブの枝に仲良し糸トンボみ~っけ!
しかもハートの形になってる053.gif
・・・でもさ、どうやってつながってるのかと思いきや、上のトンボの尾の先で、下のトンボの首根っこをしっかりはさまれてる・・・^^;
どっちがオスでどっちがメスなんだろう。

f0188237_2213833.gif

ルッカの実
実と葉っぱがくっついている見えない部分に虫食い(ハマキムシ)の実を発見。
この前もあったんだ。全く見えないように穴開けていくなんてひどい!

f0188237_21595246.jpg

ミッションの実
緑のころは、実がぼこぼこしていたけれど色がつき始めたらつるつるになったよ。
今年は炭疽病(たんそ病)で実がだいぶなくなっちゃって、実を前の空き地にポ~ン!と投げ込んでるから
そこから来年芽が出たりして?!

f0188237_2204294.jpg

フラントイオの実
今年我が家に来たオリーブ。
葉っぱがまだすかすかだけど来年は葉っぱがたくさん茂りますように・・・
[PR]
by savi_savi | 2009-10-27 22:12 | オリーブの品種・特徴

ピッチョリーネの植え込み

↓お友だちのお宅にオリーブの植え込みのお手伝いをしてきました!
こちらはピッチョリーネ
こんなしっかりしたピッチョリーネは初めて見たよ!
ふたりでせっせと穴を掘り・・・
堆肥、腐葉土、有機石灰、パーライトを入れました。
冬前にしっかり根付きますように・・・072.gif
彼女の家は、前の家の背中隠しにファンキーなピンクのパネルが建ててあるの。
そのカラーの前のオリーブがなんかおめかししてるみたいでかわいかった!
f0188237_2110846.jpg

↓ピッチョリーネの実。1センチくらいの小粒。
ブドウのデラウェアみたいなかんじ。ころっとまん丸な実。
f0188237_21102864.gif

↓枝が面白い!
何かの跡かな?とかも思ったけれど、ホームセンターにあったピッチョリーネ全てにこの模様があったよ。
f0188237_21105281.jpg

[PR]
by savi_savi | 2009-10-15 01:53 | オリーブの品種・特徴

またまたカイガラムシが・・・

ずっと閉鎖していた香川県農業試験場小豆文場のページがつながりました!
品種のページが面白いです。
「当試験場の保存品種・系統」のページなんて聞いたことない品種もたくさん!
ぜひご覧なってくださいね。

最近ハマキムシが小さい苗に多い。
オブリッツァが一番被害がひどく虫退治していたら・・
あれあれ?大きなカイガラムシを発見!
しかもこの前のより大きいカイガラムシがたくさん!
すす病にもなってるし~(T0T)
先日、カイガラムシが付いていた時、数日かけて観察して全て始末したと思っていたのにどこからまた出てきたんだろう・・・
ペットボトルに水を入れて、専用のスプレーの口を付けてシュッシュしながら歯ブラシでこすって、すすの部分を洗い落しました。
あわててしまったためすっかり写真を撮るのを忘れました。トホホ。
私的にはオブリッツァって萌芽力が強い品種な気がします。
[PR]
by savi_savi | 2009-10-11 23:34 | オリーブの品種・特徴

小豆島・オリーブ品種レポート

オリーブ公園にいろんな品種のオリーブがありました。
定規で実の大きさを計りながら撮影するにはちょっとハズカシカッタ。
もっと葉っぱ幹とかの詳しくとればよかったな~。
写真もヘタクソだし(T_T)
とにかく360度、オリーブに囲まれ頭がクラクラでわけがからなくなりそうな幸せな時間でした(矛盾してる?)
少しでも品種の違いがわかればイイナトオモイマス。

f0188237_21353530.jpg
↑ジャンボカラマタ (Jumbo Kalamata)
主要産地 : オーストラリア
用途 : 新漬け・ピクルス用
果実はとても大きく、観賞用としても楽しめます。
果肉は厚く、大味で少し繊維質が残ります。
盃型の美しい樹形です。(撮影時約3~3.5センチ)

f0188237_21444721.jpg
↑パラゴン (=フラントイオ) (Paragon)
主用産地 : オーストラリア
用途 :オリーブオイル用
果実は、風味豊かな若い香りのオイルをたっぷりと含みます。
実付も大変良く、丈夫で地域の適応の優れた優良品種です。 (撮影時約1.5センチ)
※イタリア名は「フラントイオ」

f0188237_21492591.jpg
 ↑サウス・オーストラリアン・ベンダル (South Australian Verdale)
主要山地 : オーストラリア
用途 : 新漬け・ピクルス/オイル兼用
大きめで楕円形の実は、グリーンオリーブ・ピクルスとして人気です。枝がしだれる樹形は優しいムードを漂わせてくれます。(撮影時約2センチ)

f0188237_21535641.jpg
↑カラマタ (Kalamata)
主要産地 : ギリシャ
用途 : 新漬け・ピクルス/オイル兼用
大きな実は、主に高級ブラックオリーブ(ピクルス)用として栽培されています。
良質のオイルを含んでいます。(撮影時約2.5センチ・葉っぱがすごく大きかった)

f0188237_21565496.jpg
↑アザパ (Azapa)
主要産地 : チリ
用途 : 新漬け・ピクルス用
南アメリカ原産で、冬が暖かい地域に適した品種です。
大きな実は、新漬けやピクルスに最適です。(撮影時約2.5センチ)

f0188237_2205315.jpg
↑ハーディーズ・マンモス (Hardy's Mammoth)
主要産地 : オーストラリア 
用途 : 新漬け・ピクルス用
大きな果実は渋みが少なく、塩漬けの他、シロップ漬けにも使われます。成長が早く、大変丈夫な品種です。

f0188237_2245115.jpg
↑ティニイ・オイル・カラマタ(=コロネイキ) (Tiny Oil Kalamata)
主要産地 : オーストラリア
用途 : オリーブオイル用
小さなかわいい実は、香り高く、風味の用オイルを含んでいます。
実が鈴なりになる様子は楽しく、つが他の美しい品種です。(撮影時約1.5センチ)
 ※ギリシャ名は「コロネイキ」

f0188237_2293726.jpg
↑コロネイキ (Koroneiki)
主要産地 : ギリシャ
用途 : オリーブオイル用
ギリシャの代表的なオリーブ。
良質のオイルをたっぷりと含みます。小さな果実や葉はとてもかわいらしく、美しい色合いです。(撮影時約1.5センチ)

f0188237_22135874.jpg
↑コレッジョラ (Correggiola)
主要産地 : イタリア
用途 : オリーブオイル用
イタリアの主要品種。
現在、世界中の温かい地域で栽培されています。
実付も大変良く、香り高いオイルを含んでいます。(撮影時約2センチ)

f0188237_22184269.jpg
↑セビラノ (Sevillano)
主要産地 : スペイン 
用途 : 新漬け・ピクルス用
果実はとても大きく、種が小さいので新漬け・ピクルスに最適です。
枝葉は、伸び伸びと横に広がって成長します。(撮影時約2.5センチ・葉っぱはすごく細長かったです)

f0188237_2222282.gif
↑バロウニ (Barouni)
主要産地 : チュニジア
用途 : 新漬け・ピクルス用
丈夫で、堅実によく実を付ける品種です。
新漬け・ピクルスの果実は少し堅めで、繊維質が残ります。収穫しやすい、盃型の美しい樹形です。(撮影時約3センチ)

f0188237_22264682.jpg
↑マンザニロ (Manzanillo)
主要産地 : スペイン
用途 : 新漬け・ピクルス用
大粒で柔らかな実は、新漬け・ピクルスに最適です。
実付きも大変良いので、世界中で栽培されています。名前はスペイン語で「小さなりんご」。
その名の通り、リンゴのような丸いかわいい実をつけます。(撮影時約2.5センチ)

f0188237_22301236.jpg
↑ミッション (Misson)
主要産地 : アメリカ 
用途 : 新漬け・ピクルス/オイル兼用
明治41年、小豆島で初めて栽培がはじめられた貴重な品種。
実はハート形で、フルーティーな香りの良いオイルが搾れます。
葉の裏h銀白色で、すっくと上に伸びる姿の美しい品種です。(撮影時約2センチ)

ネバディロとルッカを撮影忘れてました・・・
岡井路子さんの本からお借りします。
ネバディロブランコ (Nevadillo Blanco)
主要産地 :スペイン 
スペインでは最も一般的なオイル用の品種です。木は耐寒性があり、花粉が多いので授粉木としてもお勧め。枝派の数が多き、生垣や街路樹など観賞用にも最適

ルッカ (Lucca)
1本でも実を付けやすい品種。樹形は拡張型で垂れた枝に実をたわわにつけ、は蚊大きくなるとねじれが生じてくるのが特徴。耐寒性、大病性にも優れる。
[PR]
by savi_savi | 2009-09-28 22:57 | オリーブの品種・特徴


新しいブログをアメブロに引っ越ししました。よかったら飛んで遊びに来てください。◆アメブロ⇒http://ameblo.jp/savi-olive/ ◆STORES(通販サイト)⇒https://oliveyasan.stores.jp/


by savi_savi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
プロフィール*
おにわ*
日々のオリーブ*
オリーブの品種・特徴
オリーブオイルについて
オリーブの実について
大特価マンザニロ
オリーブの育て方
オリーブオイルイベント
オリーブ畑
地植えからの鉢植えフラントイオ
ばっつり剪定フェスタとチプレ
キッチンガーデン
ジャボチカバ
ラベンダーアロマティコ
おうち*
おでかけ*
ざっか*
おしらせ*
トイプーのおりーぶくん
未分類

お気に入りブログ

紫山のごはん会
Romi Rainbo...
花あしらい × アンティ...
mizutama times
Sconeの車の物語*
Summer Snow
優しい時間 prince...
Atelier Rosetty
mais voila, ...
princess cas...
olive
大谷石倉庫 sovasova 
シークレットスペイン
おかやんの花日記
JUNK GARDEN ...
morrisの部屋
オリーブと小さな草花と

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2005年 12月

ライフログ

検索

ファン

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
花・ガーデニング

画像一覧